Medial Research Network
WELCOME TO
MEDICAL RESEARCH NETWORK

MRNについて

MRNについて

MRNは、治験分野で最大の看護プロバイダーであり、世界最大の規模と革新的なツールを用いてプロジェクトを実施します。特に、国際共同治験、治験薬を自宅に配送する必要がある治験、小児患者や希少疾患患者といった困難の多い患者集団を対象とした治験など、複雑な治験を専門としています。

当社のパートナーシップモデルでは、世界中の40カ国以上で治験担当看護師の提供が可能です。私たちは、大小さまざまなパートナーとのネットワークを通し、あるいは専門的な治験では必要に応じて看護師を直接雇用することで、ほとんど世界中のどこでも看護師チームを編成します。

 

MRNの歴史

2006年の設立以来、事業地域を英国国内から世界中の44カ国まで拡大しました。MRNが提供する治験実施施設看護支援サービスおよび在宅治験支援サービスは、これまで80社を超える製薬会社と医薬品開発業務受託機関(CRO)にご利用いただいています。

 

MRNのビジョン

MRNは、地域に密着した治験を導入するためのプラットフォームを提供するサービスの創出を目指しています。このサービスは、治験をより迅速かつ効率的に実施し、顧客および当社が支援する治験への参加を希望する患者さまのために、新薬をより迅速に市場へとお届けするために設計されています。

 

MRNの経営陣

MRNの経営陣およびマネジメントチームは、経験豊富な治験の専門家で構成されており、その全員が、看護、プロジェクトマネジメント、臨床開発、データマネジメントなどの多くの分野にわたって20年以上の経験を有しています。すべてのチームメンバーが医療、CROまたは製薬会社のバックグラウンドを持ち、今日の治験環境の課題を理解しています。自らもこうした課題に対峙してきたチームメンバーたちが、課題克服に向けた実践的な看護中心のソリューションを提案するため、適所に配置されています。

     

 

Dr Graham Wylie – 最高経営責任者(CEO

Grahamは、製薬業界で25年以上の経験を持ち、ファイザー社、パレクセル社およびHealthcare at Home社で勤務してきました。また、2014年にはPharmaVOICEによって製薬業界で最も影響力のある100人のリーダーの1人として指名されています。Grahamは治験部門設立のため2005年にHealthcare at Home社に入社し、2006年にマネジメント・バイアウトによってMRNを設立しました。

     
 

Paul Bodfish – ヴァイスプレジデント、コーポレート・サービス部門責任者

応用生物学の理学士号と産業科学の学位を生かし、プロクター・アンド・ギャンブル社、王立がん研究基金およびパレクセル社において上級職に就いてきました。2006年にMRN(旧Healthcare at Home社)に入社し、治験部門の設立に関わりました。

     
 

Stuart Redding – ヴァイスプレジデント、グローバル事業開発およびマーケティング部門責任者

Stuartは製薬業界で20年以上の経験を積んでいます。アメリカン・サイアナミッド社でキャリアをスタートさせ、ノボ・ノルディスクファーマ社、MDS Harris社、Chiltern社に勤務し、2006年にMRNの創立者の1人として入社しました。

     
 

Simon Mouncer – ヴァイスプレジデント、財務、テクノロジーおよび人事部門責任者

Simonは英国勅許管理会計士(ACMA)であり、キャリアの大部分をマークス&スペンサー社で勤務し、商業および金融業に関する幅広い経験を積んできました。また、調達、物流、営業、IT、監査、業務改革、海外業務を含む多様な業務領域に携わってきました。。

     
 

Dr Elaine Wylie – ヴァイスプレジデント、ベンダー管理部門責任者

Elaineは医師の資格を持ち、病院において内科および外科の職務に5年間従事した後に家庭医となり、1994年に総合診療医(GP)の資格を取得しました。2005年に自身のビジネスを立ち上げ、アントレプレナーシップに対するShuttleworth Business College Awardを受賞し、2010年にMRNに入社しました。

     
 

Todd McGrath - 米国事業部長

Toddは、治験およびライフサイエンス業界で12年以上の経験を有しています。医薬品およびバイオテックに関するコンサルティングでキャリアを開始した後、パレクセル社で管理職に就き、開発チームやプロジェクトを管理しました。

     
 

Sue Ayres - 企業秘書

Sueは1999年に個人秘書(PA: Personal Assistant)としてパレクセル・インターナショナル社に入社し、Graham Wylieがヴァイスプレジデントとして欧州会計管理チームに加わった2003年に、欧州の管理部門を担当しながら、Graham WylieのPAとなりました。2005年にHealthcare at Home社に入社して治験事業部門の設立に関わり、2006年にその部門が独立してMRNとなりました。

 

 

 

 

Visit UK site COVID 19 FAQs Get in touch
MRN ON TWITTER